日本語入力ソフトとVBAの覚え書き

・各種日本語入力ソフトの辞書解説 ・ちょっと楽になるExcel VBA集

Excel

テキストエディタ gPadでMicrosoft OfficeのExportedUIファイルを編集する為の書式変換マクロ

私が愛用しているテキストエディタmFactoryさんのgPadで、Microsoft Officeのリボンやクイックアクセスツールバーの設定ファイル「ExportedUI形式ファイル」を編集しやすいよう整形するマクロを作成しましたので紹介します。

(Excel) VBAでのヘッダーとフッターの記述方法

Excel VBAでのヘッダーおよびフッターの記述方法について解説します。

(Excel) VBAでのヘッダーおよびフッター指定に使える主なフォント名とスタイル名の一覧

VBA記述でのヘッダーおよびフッター指定に使える主なフォント名とスタイル名 ここでは、VBA記述でのヘッダーおよびフッターの指定に使える主なフォント名と対応するスタイル名を紹介します。内訳は、ほとんど全ての日本語フォント(@付の縦フォントを除く)、…

(Excel) ページ設定ダイアログと対応するVBAコード

Excelの「ページ設定ダイアログ」の項目に対応するVBAコードを紹介します。「ページ」「余白」「ヘッダー/フッター」「シート」それぞれのタブについて一つ一つ解説。

(Excel) マクロに割り当てることの出来るショートカットキー一覧

Microsoft Excelでマクロに割り当てられるショートカットキーは「Ctrl+アルファベット」「Shift+Ctrl+アルファベット」ですが、デフォルトで使用されている組み合わせもあります。ここではデフォルトの組み合わせと、空いている組み合わせを紹介します。

素のVBAだけで画面の解像度を取得というか推測する手法(API使いません)

VBAで画面の解像度を取得したいときにWeb検索すると、WindowsAPIを使うとか、PowerShell経由で.NET APIを使うとかいう記事がよく出てきますが、結構面倒なイメージがあります。ここでは、そういうものを使わずにVBAだけで画面の解像度を取得というか推測する…

逆FIND:対象文字列を右(末尾)から検索して文字位置を取得するユーザー定義関数を作る

Excelの関数で、対象文字列を検索文字で検索したときに位置が何番目かを取得するワークシート関数「FIND」や「FINDB」がありますが、とても便利ですよね。これらの関数は「対象文字列を左(先頭)から検索したときの位置」を取得するものですが、「右(末尾)か…

Excelの入力規則で2段リストを作る方法

Excelでドロップダウンリストで入力をする「入力規則-リスト」が便利ですが、例えばリストを2つ用意して、1つめのドロップダウンリストの結果で2つめのドロップダウンリストを変化させることは可能でしょうか。答えは可能です。ここでは、このような2段リス…

マクロに割り当てられるショートカットキーについて ~エクセル編~

マクロにはショートカットキーを割り当てることが出来ますが、標準で設定されているショートカットキーもあり、それじゃあ一体どのキーなら使っていいの?ってなりますよね。 マクロにショートカットキーを割り当てる方法 マクロにショートカットキーを割り…

エクセルのコマンドボタン/自作VBAマクロの解説

基本的なこと リボン/クイックアクセスツールバーのボタン エクセルVBA 基本 ループ処理 分岐処理 セル シート ブック コマンド セルのコメント シェイプ 基本的なこと リボンとクイックアクセスツールバー リボン/クイックアクセスツールバーのボタン 「Exc…

(リボン/クイックアクセス) 「セルの罫線」を手軽に引く/消すボタンを追加する

Excelでワークシートに罫線を引くとき「範囲選択してからセルの書式設定で設定」なんてしていませんか? そんな煩わしさからあなたを解放すべく、リボンやクイックアクセスツールバーに罫線を手軽に引いたり消したりするボタンを追加してみましょう。

(基本) リボンとクイックアクセスツールバーについての説明

リボン タブとグループ 別のタブをクリックするとリボンの内容が変わります。 リボンの表示オプション リボンを折りたたむ リボンが折りたたまれた状態。タブのみが表示されています。 クイックアクセスツールバー クイックアクセスツールバーをリボンに下に…