日本語入力ソフトとVBAの覚え書き

・各種日本語入力ソフトの辞書解説 ・ちょっと楽になるWord/Excel VBA集 ・ボーダーブレイク用語辞書

VBAマクロ作成を気軽に始めてみよう! ~Word編~


WordでVBAマクロ作成を始めてみましょう。必要なのは Microsoft Wordだけです。準備は簡単、手順通りに進めていけば誰でも始めることが出来ます。

f:id:dz_dzone:20170811025426j:plain

目次

手順その1 ~開発タブを表示しよう~

どのタブでもいいので、リボンの任意の場所で右クリックします。

f:id:dz_dzone:20170811014159j:plain

「リボンのユーザー設定」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170811014335j:plain

「開発」にチェックを入れます。入れたら「OK」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170811014546j:plain

これで「開発」タブが表示されました。開発タブを選択するとこんな感じです。

f:id:dz_dzone:20170811014637j:plain

手順その2 ~Visual Basic Editorを表示しよう~

左端の「Visual Basic」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170811015015j:plain

Visual Basic Editor」が開きました。

f:id:dz_dzone:20170811015214j:plain

手順その3 ~標準テンプレートに標準モジュールを追加しよう~

プロジェクトウィンドウの「Normal」の中身を表示させます。

f:id:dz_dzone:20170811015637j:plain

開きました。次に「Normal」の「Microsoft Word Objects」で右クリックします。

f:id:dz_dzone:20170811020058j:plain

挿入>「標準モジュール」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170811020246j:plain

Normalに標準モジュール「Module 1」が作成されました。

f:id:dz_dzone:20170811020431j:plain

「Module 1」の名前を「MyMacro01」に変えます。プロパティウィンドウのオブジェクト名を「MyMacro01」に変更します。

f:id:dz_dzone:20170811020724j:plain

f:id:dz_dzone:20170811020733j:plain

ここまでで準備は終わりです。次はいよいよ実際にマクロを作ってみましょう。

手順その4 ~簡単なマクロを作ってみよう~

コードウィンドウに以下の図のように文章を入力してみましょう。

  1. Sub HelloWorld() と入力してEnterを押すと、自動的に3行目に End Sub が入力されます
  2. 2行目の入力をします。字下げはTabキーでも半角スペースでもどちらでもよいです

f:id:dz_dzone:20170811021233j:plain

入力が終わったら、上書き保存しておきます。次に「Word」アイコンをクリックしてWord画面に戻ります。

f:id:dz_dzone:20170811022501j:plain

手順その5 ~マクロを動かしてみよう~

「マクロ」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170811022846j:plain

先ほど作った「HelloWorld」を実行します。

f:id:dz_dzone:20170811022946j:plain

実行されました。「OK」をクリックするとウィンドウが閉じてマクロが終了します。

f:id:dz_dzone:20170811023009j:plain

いかがでしたか? 結構簡単だったでしょう?

おまけ ~マクロの解説~

  1. 1行目:Sub HelloWorld() :Subはマクロを開始するときの決まり文句です。HelloWorldはマクロ名、()は決まった書き方と今は覚えて下さい。
  2. 2行目:Msgbox "Hello World" :Msgboxは「メッセージボックスを表示しなさい」という命令。""で囲われた文字列 Hello World をメッセージボックスで表示しなさいということです。
  3. 3行目:End Sub :マクロを終了するときの決まり文句です。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ←記事を気に入って頂けたらポチッとしてもらえると励みになります。