日本語入力ソフトとVBAの覚え書き

・各種日本語入力ソフトの辞書解説 ・実用Excel VBA ・ボダブレ辞書

Excel for Mac/WindowsでmacOS日本語入力プログラムの標準辞書ファイル(plist)を作成するシートを公開します

MacOS X Mabericks以降の日本語入力プログラムは、現在では単にmacOS日本語入力プログラム(Japanese Input Method)と呼称されており、Mountain Lion以前のことえりとは全く異なるものになりました。ここでは、新しい日本語入力プログラムの標準辞書の登録ファイル(プロパティリスト形式)を作成するExcelシートを公開し、その解説をします。

macOS標準辞書の登録ファイル(プロパティリスト形式)の書式

一つの単語と読みはで挟まれたセクションに記載されます。なお、品詞やコメントはありません。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<array>
	<dict>
		<key>phrase</key>
		<string>雲母坂</string>
		<key>shortcut</key>
		<string>きららざか</string>
	</dict>
</array>
</plist>

必要なソフトウェア

この変換シートはExcel VBAを使って作られています。同一シートでWindowsMacの両対応です。Windowsの場合は、直接プロパティリストファイルを作成します。Macの場合は一度新規シートにファイル内容が出力されます。それをコピーしてテキストエディタにペーストし、不要部分を正規表現置換で削除します。
なお、Windowsで変換した場合でも、Macにファイル転送して作業が必要です。

辞書ファイルを作成するExcelシート

ダウンロード

  • ExcelmacOS日本語入力プログラムのユーザー辞書ファイルを作成するシート
  • ファイル名:Excel2Plist.xlsm
  • ダウンロード:Excel2Plist.zip (zip形式圧縮)
  • 動作確認:Excel2010/2013/2016 for Windows、Excel2016 for Macで確認しています

使い方

Macの場合

任意の場所にダウンロードします。
f:id:dz_dzone:20170520215828j:plain
任意の場所に解凍して、Excel2Plist.xlsmをダブルクリックして起動します。
f:id:dz_dzone:20170520221318j:plain
マクロを有効にしてください。
f:id:dz_dzone:20170520221402j:plain
'初期設定'シートです。
f:id:dz_dzone:20170520222049j:plain
'変換元シート名'のシートに変換する辞書を入力します。A列に'読み(ひらがな)'、B列に'単語'を入力します。他のタブ区切りテキスト形式の辞書をコピー&ペーストしてきても構いません。
f:id:dz_dzone:20170520222024j:plain
用意が出来たら'初期設定'シートに戻り、'変換'ボタンを押します。
f:id:dz_dzone:20170520222049j:plain
自動的に新規シートが作成され、そのシートにプロパティリストの内容が生成されます。
f:id:dz_dzone:20170520223619j:plain
A列の一番下まで選択してコピーします。
f:id:dz_dzone:20170520224124j:plain

正規表現で置換が出来るテキストエディタ(ここではCotEditor)にペーストします。f:id:dz_dzone:20170520224440j:plain
ペーストされた状態。行頭と行末に余計なダブルクォーテーションが入ってしまっています。
f:id:dz_dzone:20170520224855j:plain
メニューバーから、'検索'>'検索'を選択します。
f:id:dz_dzone:20170520225051j:plain
'正規表現'にチェックを入れてから、検索窓に ^" と入力して、'すべて置換'をクリックします。( ^" は'行頭の"'という意味)
f:id:dz_dzone:20170520225228j:plain
行頭の'"'が削除されました。次に、検索窓に "$ と入力して、'すべて置換'をクリックします。( "$ は'行末の"'という意味)
f:id:dz_dzone:20170520225512j:plain
行末のダブルクォーテーションが削除されました。
f:id:dz_dzone:20170520225826j:plain
任意の名前で保存します。このとき、拡張子を'plist'、文字コードを'UTF-8'、改行コードを'LF'にしてください。
f:id:dz_dzone:20170520225955j:plain
f:id:dz_dzone:20170520230638j:plain
ファイルが作成されました。
f:id:dz_dzone:20170520231150j:plain

Windowsの場合

任意の場所に解凍して、ダブルクリックして起動します。
f:id:dz_dzone:20170520231753j:plain
'コンテンツの有効化'をクリックしてマクロを有効化してください。
f:id:dz_dzone:20170520232914j:plain
'変換元シート名'、'変換先ファイル名'を入力。
f:id:dz_dzone:20170520232651j:plain
'変換元シート名'のシートに変換する辞書を入力します。A列に'読み(ひらがな)'、B列に'単語'を入力します。他のタブ区切りテキスト形式の辞書をコピー&ペーストしてきても構いません。
f:id:dz_dzone:20170520233549j:plain
'初期設定'シートに戻り、'変換'をクリックします。既存のファイルがある場合は上書きされます。
f:id:dz_dzone:20170520234000j:plain
f:id:dz_dzone:20170520234646j:plain
出力されました。
f:id:dz_dzone:20170520234712j:plain
出力されたファイルは何らかの方法でMacにコピーしてください。


辞書ファイルをmacOS日本語入力プログラムに読み込む


f:id:dz_dzone:20170520231150j:plain
'システム環境設定'から'キーボード'を開き、'ユーザー辞書'タブを選択します。
f:id:dz_dzone:20170520235700j:plain
プロパティリスト形式の辞書ファイルを'ユーザー辞書'にドラッグ&ドロップします。
f:id:dz_dzone:20170520235836j:plain
'ユーザー辞書'が追加されました。
f:id:dz_dzone:20170521000214j:plain


iOS標準ユーザー辞書に同期する

iCloudを適切に設定することでMacのユーザー辞書とiOS端末のユーザー辞書が同期されます。f:id:dz_dzone:20170521000335j:plain


関連リンク

dz11.hatenadiary.jp