日本語入力ソフトとVBAの覚え書き

・各種日本語入力ソフトの辞書解説 ・ちょっと楽になるWord/Excel VBA集 ・ボーダーブレイク用語辞書

VBAマクロをリボンやクィックアクセスツールバーのボタンに割り当てる


f:id:dz_dzone:20170814233145j:plain

作成したVBAマクロを手軽に実行出来るように、リボンやクイックアクセスツールバーのボタンに配置してみましょう。

目次

手順その1 リボンのユーザー設定を開く

リボンの任意の場所で右クリックしてメニューを開き、「リボンのユーザー設定」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170901142146j:plain

「リボンのユーザー設定」画面が開きました。

f:id:dz_dzone:20170901142239j:plain

画面右側、「新しいタブ」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170911091223j:plain

「新しいタブ(ユーザー設定)」と「新しいグループ(ユーザー設定)」が作成されました。

f:id:dz_dzone:20170911091354j:plain

「新しいタブ(ユーザー設定)」を選択して、「名前の変更」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170911091446j:plain

任意の名前に変更します。ここでは仮に「マイツール」としておきます。

f:id:dz_dzone:20170911091527j:plain

次に「新しいグループ(ユーザー設定)」を選択して「名前の変更」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170911091617j:plain

任意の名前に変更します。ここでは仮に「マクロ」としておきます。(アイコンは反映されないのでどれでも良いです)

f:id:dz_dzone:20170911091655j:plain

次に画面の左上の「コマンド選択」から「マクロ」を選択します。

f:id:dz_dzone:20170911091803j:plain

任意のマクロを選択して「追加」をクリックします。ここでは仮に「PERSONAL.XLSB!HelloWorld」を選択します。

f:id:dz_dzone:20170911091929j:plain

「マイツール」タブの「マクロ」グループに「PERSONAL.XLSB!HelloWorld」が追加されました。「名前の変更」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170911092044j:plain

任意のアイコンを選択し、表示名を変更します。ここでは下図のようにアイコンは「フェイスマーク」、表示名は「HelloWorld」とします。

f:id:dz_dzone:20170911092106j:plain

変更されました。画面の「OK」をクリックします。

f:id:dz_dzone:20170911092331j:plain

リボンの「マイツール」タブを選択すると「マクロ」グループの中に「HelloWorld」のボタンが表示されます。

f:id:dz_dzone:20170911092454j:plain

「HelloWorld」ボタンをクリックするとマクロが実行されます。

f:id:dz_dzone:20170911092528j:plain

 

自作マクロをリボンに追加する手順は以上になります。参考までに、クイックアクセスツールバーに追加する手順もほぼ同様です。

また、今回はExcelを使って説明しましたが、Wordでもほぼ同様です。試してみてください。

 

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ←記事を気に入って頂けたらポチッとしてもらえると励みになります。